建築の際には土地の状態にご用心です|地盤調査をしておけば安全

女性

家を売ってローンを完済

集合住宅

競売よりもスマートな方法

住宅ローンの返済が困難になった場合、以前は競売によって住宅を売却するというのが一般的な解決手段でした。しかし最近では、これに代わって任意売却を採用するケースが増えています。任意売却は、競売のような強制処分ではなく、任意の手段によって市中で住宅を売るため、より高い価格で売却できるチャンスがあります。といっても、任意売却は所有者が勝手に行うことはできません。住宅ローンの債権者と交渉し、任意売却を行うことについての同意を得る必要があります。そのため、まずは債権者と話し合う必要があります。タイミングとしては住宅ローンを滞納してはいるが競売の申し立てがまだ行われていない時点となります。ただ、申し立て後でも裁判所による競売開始の決定がまだなされていなければ、債権者に申し立ての取り下げを依頼した上で任意売却を行うことも可能です。次に、売却を仲介してくれる不動産業者を探します。最近では任意売却物件を専門に取り扱う業者も増えています。そうした業者の中には、債権者との交渉を代行してくれるところもあります。その場合は、まずは業者に相談し、後から債権者と話し合うという順序になります。業者による住宅の買い手探しと並行して、債権者とは売却に係る細部の交渉を続けます。販売期間、希望価格、引っ越し費用の捻出法、売却後も住宅ローンの残債がある場合の取扱いなどについて話し合い、必要に応じて配当計画書等の書面を取り交わします。売却が成立したら、代金の決済・抵当権の抹消・所有権の移転を行います。滞納しはじめからの経過期間にもよりますが、通常は6か月〜1年程度ですべての手続きが完了します。